2011ツール事件簿

わからない用語は用語集にのってるかも



第19ステージ

アルプス山岳ステージの最後は全長僅か110キロの中に、1級テレグラフ峠、昨日とは逆側からアプローチするガリビエ峠、そしてラルプ・デュエズの山頂ゴールと目一杯詰め込まれた難関ステージ。
翌日のタイムトライアルを前に激化する総合争いの行方は、そしてラルプ・デュエズに名を刻むのは誰か。

異常なスプリントポイント

今日のスプリントポイントは何とガリビエ峠とラルプデュエズの間。
スプリンターに取らせる気の全くないレイアウトにスレでも注目が集まるw

思惑さまざま

逃げ集団はフーガーランド、イグリンスキー、グライペル等を含めた14人。
BMCはブルグハートを送り込んだが、今日こそ仕事をできるか…?
集団からはサクソバンクCAセレンセンが飛び出し、序盤から激しく動きそうな予感。

最初から忙しい

1級テレグラフ峠で早速飛び出したのは昨日大きくタイムを失ったコンタドール。
アシストを集め完全にやる気、レオパードは兄弟が即反応、エヴァンスもやや出遅れたがついてくる。
ヴォクレールも最初は集団に任せる構えだったが差が詰まらないと見るや追走して合流、再度のコンタドールのペースアップに今度はフランクが遅れる。

こっちもこっちで戦い

序盤も序盤からのペースアップでメイン集団もペースが上がる。
ぼろぼろと遅れる選手が続出し、カベンディッシュなどは今日もタイムアウトとの戦い。
問題はロハスが今日もタイムアウト回避、壁タイムアウトだと、救済措置があってもポイント賞が逆転してしまうことだが…

最後の最後で

コンタドールのペースアップについていけなくなったのはケルメしてきたブルグハート、マイヨジョーヌのヴォクレール、そして何とエヴァンス。
何とこの場面で痛恨のメカトラ、チームカーもすぐに来ることの出来ない位置でみるみるタイムを失ってしまう。
今ツール不気味なほど幸運に恵まれてきたエヴァンス、昨日今日と物凄い勢いで負のエネルギーを吐き出す展開に。

フランス人の連帯

エヴァンスは結局集団に合流、ヴォクレールは同じフランス人のQSTピノーにアシストされるが時々切れそうになる限界スレスレの走り。
コンタは相変わらず先頭で牽くが、アンディは冷静に付き位置、完全にアンディに流れが来ている展開に。
1級山岳の下りに入る部分で、ヴォクレールはピノーを労い背中をひとつポン、と叩く場面も。

和解のヒトコマ

ヴォクレール、続いてアシストを受けるのはマイヨを着たステージであの車と追突して落車したフレチャ。
あの事故のあとヴォクレールが待たなかったことで、一部では不仲も囁かれた2人だったが、フレチャは下がり際にヴォクレールの尻を押して送り出す光景も。

メイン集団も

前を行くアンディ、コンタ達との差が2分程に開き、これ以上は容認できないとエヴァンスがペースアップ、集団は分解。
暫く感動的な独走を見せていたヴォクレールだったが最終的にはこのグループを待って合流、再び前を目指す。

マイヨ落城

集団からのSサンチェスのアタックをきっかけに、エヴァンスが意地のチェック。
このペースアップにとうとうヴォクレールが遅れ、クネゴ、バッソ、ダニエルソンなどの上位勢も厳しい。
アシスト3枚残していたヨーロッパカー、新人賞のかかったローラン以外の2人が降りて何とかヴォクレールを牽引しようともがく。
ヴォクレール、ボトルを受け取った瞬間に叩き付けたり、疲れとイライラが有頂天の模様。

おなじみの光景

下りで積極的に前を引くのはアンディ。コンタは後ろから来るSSと合流したいのかややサボり気味。
エヴァンスらも協力して(フランクとクネゴ以外)追走するが、時折映るバッソの明らかな遅さにスレでは笑いも。

人望

きちんと回る逃げ集団と比べ、どうにもケンカ気味なのがグループエヴァンス。
補給をしたいエヴァンスが、回らないダニエルソンにキレる場面も。
一応協力体制になったようで、クネゴwが前を引く貴重なシーンも。

最後の山へ

残り25キロでようやくエヴァンスグループが追いつき振り出しに。
エヴァンスは追走にどのくらい力を使ったのか、そして一度は千切れたヴォクレールグループが追撃。
AG2R、コフィディス、ヨーロッパカーのフランス連合で下り平坦で差をつめ、前が牽制している隙にとうとう再合流、最後の山を前に役者が再び一同に会した。

決戦!ラルプ・デュエズ

まずアタックしたのはレオパードフグルサングだが、連携ミスなのか肝心の兄弟を離してしまう。
この動きを利用して前に出たのはエヴァンスだがさすがにアシストの枚数を残したレオパードが詰めてくる。
ヴォクレールはやはり厳しく、早くも脱落。とうとうマイヨジョーヌを手放すことになりそう。
一晩寝たら調子を戻したのかコンタがアタック、軽快なダンシングで先頭に立つ。
2番手はアンディ、後ろにがっちりマークしたエヴァンスがつくが、アンディはコンタドールについていかない。
あくまでも総合差を考えての容認なのか、それとも?
フランクは調子が悪いのか、アンディ達についていくことができずその後ろのクネゴ、Sサンチェスなどのグループ。
コンタドールは軽快。新人賞狙いで前に行っていたローランを追い抜き更にペースアップ。
アンディとエヴァンスは集団と再度合流。しかしクネゴが千切れそうw
集団からベリトスとSサンチェスが攻撃。呼応してフランクがペースアップするがきちんと全員ついてくる。
時計表示がバグり残り8キロでコンタ←→メイン1分42秒と出てざわめく実況スレw
エヴァンスはあくまでもアンディマーク、じっと前を牽かせ離れない。
オランダ人の応援エリア、オレンジ色一色wオランダ人がいないので誰にでもブーイングw
邪魔な観客にコンタの右パンチ炸裂。例年以上に客が自重していない印象。
コンタドールのペースが落ちてきた。後ろから上げてきたSサンチェスと、一度は追い抜いたローランにキャッチされそう。
そのサンチェスとローランがケンカ。ローランが全く前を引かないためか。
ここで集団からクネゴがアタック。集団は容認。
前3人は追いつきざま全くツキイチだったローランがアタック。振り切るがSサンチェスが後ろから怒りの追走。
集団ではエヴァンスが攻撃、クネゴを捉えるがアンディを振り払えない。
ステージは上手く出し抜いたローランが大金星。2位はサンチェス、3位はコンタドール。
集団は最後エヴァンスがスプリントしてなんとかアンディと秒差を稼ごうとするが、クネゴが集団を繋いでしまい同タイムになってしまった。
利用された形になったサンチェスだったがゴール後は大人の対応でローランを祝福。

表彰台模様

とうとうこのステージでマイヨジョーヌはアンディに移動。
盛大なアンディコールに迎えられ黄色のジャージに袖を通し満面の笑みを浮かべるが、しかし明日は最後にして最大の試練、グルノーブルでのTTが待っている。
差は57秒、果たしてどうなるか…?
今日まで頑張ったヴォクレールは総合4位、2分10秒遅れ。フランクとの差を考えると表彰台は厳しいか…?
山岳賞は最後の最後で、ステージ2位に入ったSサンチェスが大逆転。ステージは取れなかったが、大きな勲章が代わりについてきた。
新人賞はローランへ。タラマエとの差は1分33秒。これもまた明日のTT次第か。
敢闘賞はコンタドール。立ち慣れない場所だけに、なんとも微妙な表情。

今日のスプリント賞

なお本日もカベンディッシュ選手はタイムオーバー救済のため-20ポイント引かれました。
※ただし今日はロハスも


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 20:38:42 (1291d)