2009ツール事件簿(第18ステージ〜第21ステージ)

わからない用語は用語集にのってるかも

第18ステージ

2018年冬季オリンピック開催地に立候補しているアヌシーでの個人タイムトライアル。
沿道にもそういった看板が多く、ツール応援してんのか五輪のプレゼンしてんのかよくわからない状態。
実況解説はサッシャと永井さん。

これであと5年は戦える

JスポがASO主催レースについて2013年までの独占中継権を獲得。
ツール、ブエルタ、パリ〜ニース、パリ〜ルーベ、フレッシュ〜ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ、パリ〜トゥールの7つ。
ジロその他面白クラシックも引き続きお願いしますね。

B.C.(Before Cancellara)

25番スタートの新城は暫定12位の最終112位。
33番スタートのフミは暫定9位の78位。

カンチェ以前のトップ3。
1位 イグナチェフ(カチューシャ)
2位 クレメント(ラボバンク)
3位 グラブシュ(コロンビア)
ロジャースが4位、上半身固定ラングは6位。

銀行の白い悪魔キター

カンチェラーラは総合82位なので早々と登場し現地映像がくる前にゴール。
前半2計測ではイグナチェフに18秒遅れ、第3計測で差を詰め11秒遅れ。
昨年も最後のTTでは振るわなかったので疲れや体調不良が心配されたが、第4計測で逆転し堂々12秒差でのゴール。
最終順位は2位。
しかし他選手に比べて後半のペースが異常すぐるwww

いきなり置き引き

今西監督今日は早めの登場。
スキルシマノは既に7人全員がゴール、他人事のようにカンチェラーラの話題で盛り上がっている模様w
「(所持金が)残り少ないですけどがんばってください」

いっしょにいこうよ

今日はちゃんとTTメットのヴォクレール。
アントンを抜いて上がってきた2人後のザブリスキーに追い越され必死に追走、ザブもいいタイムなのでしばらく2人で中継を独占。
「ザブ<ついてくんな!」「アホの子はTTってわかってんのかなw」

ザブリスキーは暫定4位の最終10位。
ヴォクレールは5分12秒遅れの最終115位。

本日のメインエベント

電話コーナーその2は第3のクリリンことエキップアサダの山崎さん。
ブイグのチームカーに同乗、流暢なフランス語で監督に直接インタビュー。
「シャンゼリゼではユキヤを上位に乗せる」
「ユキヤはトレビアン」「優勝を狙える選手」
「来年もツールに出す」「ジャパンカップも連れて行くよ」
などリップサービス気味ながら素晴らしいコメントを引き出す。
「日本でもブイグテレコム人気は凄いですよ」とサシ山さんも大興奮。
まだ放送も中盤というのに実況民は完全におなかいっぱい。

そして即座に八重山日報更新wwwはやすぐるwww

きさま、見ているな!

その八重山日報に「サーシャさん」と書かれたサシ山さんは実況スレと見事にシンクロ。
スレで放映権延長の話題が出たとたんに番組内で発表。
ゴール後のTwitterスプリント選手権にも言及w

エンディングのリブストロングCMはSさんとは違い無難にこなしました。

まだだ、まだ終わらんよ!

今日のJスポなにかと頑張りすぎwww
続いての生電話はまさかのスキルシマノ別府史之選手。
「(今西さんと違い)トラブルもなく」「以上、始でしたwww」「横で今西さんが十円玉積んでリロード中」おまえらはwww
残り少ないけどどこかで逃げる宣言。
電話を変わった永井さんは感慨深げに「誇りに思います
現場を知っているだけに重みのある一言。

期待の2人

ミラーは中間計測でもいいタイムを出し暫定3位でゴール。最終順位は5位。
メンショフは序盤からタイムが伸びず、山岳でもどっぷり遅れ最後はやる気なく流し気味。
フミより1秒遅れの暫定45位最終79位。
元日本TTチャンプ>ジロ王者

自転車投げ選手権やコーナー命名選手権など期待されたものは残念ながら幸い何もなし。

雨降ってきた

天候が急激に悪化、雨が降り出して空も真っ黒に。
しかしスタート地点は晴れ。ここはスパフランコルシャンか西京極競技場か。
選手のタイムも伸び悩みこのままカンチェの優勝が濃厚となってきた。

エヴァンスは沿道のカンガルー男の応援もむなしく暫定8位の最終12位。

金ヘルメットが素敵なモロー先生は後半まろやかにペースアップ。
第4計測を2位通過、さらに暫定6位でのゴールにスレ住民も歓喜。
最終順位は8位。

鼻水王子ゲルデマンは暫定17位の最終27位。
ゴール済の同僚ヴェリトス、テルプストラとほぼ同タイムながらチーム最先着。

サストレは序盤からずぶずぶ遅れて完全終了。暫定59位の最終70位。
エヴァンス・メンショフと並び「だめぽ三兄弟」と命名される。

奥さん見てる?

カンチェの対抗馬ウィギンスは楕円ギアでの出走。
第1から第3計測を1位2位1位で通過し、夢がひろがりんぐ。
しかし終盤伸びず暫定5位の6位で終了、クレーデンと兄者を抜き総合4位に浮上。

痛車キター

注目の豪腕さんは奈良美智デザインのスペシャルバイクで出走。

第1計測ではカンチェやクレーデンを上回り3位通過するも後半伸びず、第3では12位通過、山でさらに遅れ15位でゴール。
最終順位は1分30秒遅れの16位。
しかし兄者を抜いて総合表彰台を確保。これで満足するのか高みを目指すのか。

レース後に来季からの新チーム「Team RadioShack」を正式発表。
メインスポンサーとなったラジオシャックはAV機器中心のアメリカの老舗家電量販店。70年代には日本にも出店していたらしい。
ランスは「リブストロング推進のために店舗数の多さがメリットとなる」と語っていた。

マネキン兄妹

スタート準備中のシュレク兄妹。
ほぼ同じポーズで並んで待機する映像が様になりすぎてキャプ画像が大評判。

しかしTT下手に定評のある2人。
フランクは序盤からさっそくランスに交わされ暫定33位最終35位。
アンディは頑張ったがカンチェに1分41秒遅れの暫定20位最終21位、もう後がない。
この兄妹はTTなんとかしないと総合無理ぽ。

異次元の走り

コンタドールはマイヨジョーヌなので罰ゲームのようなスペインTTスーツはなし。
でも色合いはあんまり変わらずやっぱりストレッチマン呼ばわりw

第1計測はウィギンスを18秒上回るぶっちぎりのトップタイム。
第2計測を2位で通過、第3計測では30秒差のトップ通過。
第4計測もカンチェを15秒上回りまたまたトップ通過、最終的に3秒差で堂々のステージ優勝。
よほどポカをしない限り総合優勝が濃厚となってきた。
しかしやはり「スーパー」だの「つこうたか」だの言われてしまう人気のなさw

総合まとめ

1位コンタ、アンディとの差を4分に広げる。
2位はアンディが死守。
3位はランスが浮上、アンディとの差はさほど詰められず1分15秒。
4位に頑張ったウィギンス、5位クレーデン変わらず、
フランクは大幅にタイムを失い3位から6位に。
3位から6位の顔ぶれはかわらないものの1分30秒あったタイム差が34秒に凝縮、コンタが磐石っぽいので総合争いの焦点が表彰台争いへとシフトしてきた。

参考記録

今日のTwitterスプリントは出走順位47番オージーTTチャンピオンのロジャース。
でもマスドスタートじゃないからダメー。

第19ステージ

明日のモンバントゥに向けての移動ステージ。平坦ゴールだがゴール前には2級山岳。
九州北部では雷雨が猛威をふるい受信不能になる人も。
今中店長の誕生日だが出演はなし。

クリちゃんです

実況谷口さん、解説はクリリン。
谷口さんはアーガイルステッチのポロシャツ。「ガーミン?」

今日のゲストは安田大サーカスの団長。
9日の第6ステージのゲストだったが前日に書くのも痛い病気で緊急入院、予定を繰り下げての登場。
CM前にはクリリンと2人で「クリちゃんです!」と一ネタ。

バッソのファンということでリクイガスジャージでの登場。
ところが中継が始まると
乗るのは好きだが観る方はサッパリらしく、ペリ蔵どころか全く選手を知らない。
クリリンも早々と初心者モードにスイッチ、まずジャージの種類からというレベル。
昨年のシャカリキくん以来久々に実況スレも荒れ気味。
「山田呼べ」「(初心者ゲストは)こんな終盤じゃなくて1週目でやれ」「ジャージが泣いてるぞ」
聞き取りにくい声質と喋り方も相まって副音声に切り替える人も。

慣れてきたのか苦情が殺到したのか後半はだいぶしおらしくなりました。

豪華な逃げメンツワロタ

現地中継が入ると逃げ集団は14チーム20人の大所帯。
アスタナからポポ
ガーミンはミラー
バスクのペレス
ガスのイケメン
闇金のドゥケ
ランプレはスピラック
ちゅべるルカトル
シマノはイベール
AG2Rはアリエッタ、リブロン、ロシュ
毛ガニはアローヨ、グティ、LLサンチェス
QSはシャバとバレド
かちゅーしゃはトルソフとファンデンベルク
そしてロットはなんとエヴァンス自らwww
最上位でもエヴァンスの38分差ということでとりあえずは逃げが成立。

乗ってない6チームからブイグ、ラボ、ミルラムが集団を牽く。
サクソ、コロンビア、サーベロは思惑あってか休憩モード。
エヴァンスは総合が絶望的なのでステージ優勝にスイッチした模様。
クリリン「哀愁のエヴァンス」「顎が割れてる感じの」

あっさり逃がしてもらえる元優勝候補の人って…

てきとうに置いてきっちり引かれる人

クリリンが初心者解説に忙しいためレース展開は放置気味、実況スレも雑談中心になりやや沈滞ムード。
そこへ今西さんの生電話、一気に息を吹き返すw
「お金がないので食べられません」「とくに(お金が)ないですね」
といつもの調子でいじられる。
本人も「(お土産に)グッズパクっときますんで」と不穏な発言www

最後の2級山頂でまた映りますよ宣言。

一方、シマノレーシング公式サイトには、バルロ選手の優勝シーンを今西さんの顔に置き換えたコラがwww
野寺選手もブログで草を生やして大爆笑。

フミが来る

逃げ集団は67kmあたりでミラーら5人が抜け出し、残りは48km付近で吸収。
5人に減った逃げは37km付近でさらにドゥケが抜け出すが残り30kmで全員吸収。
逃げを吸収した集団はゴールスプリントに向けての体勢を整える。
先頭集団好位にはフミや新城の姿も。

522 名前:名無しさん 投稿日:2009/07/24(金) 23:11:22.69 ID:UITfdQHJ
こんなところにスキルシマノが残ってたら奇跡だわなw

525 名前:名無しさん 投稿日:2009/07/24(金) 23:11:37.90 ID:x9VJ3w5j
フミキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

528 名前:名無しさん 投稿日:2009/07/24(金) 23:11:42.82 ID:YgvWSU51
フミ上がってキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!

539 名前:名無しさん 投稿日:2009/07/24(金) 23:11:52.92 ID:SGrji4I9
>>522
フミに謝れ

547 名前:名無しさん 投稿日:2009/07/24(金) 23:12:14.32 ID:UITfdQHJ
 ヽ | | | |/
 三 す 三    /\___/\
 三 ま 三  / / ,、 \ :: \
 三 ぬ 三.  | (●), 、(●)、 |    ヽ | | | |/
 /| | | |ヽ . |  | |ノ(、_, )ヽ| | :: |    三 す 三
        |  | |〃-==‐ヽ| | .::::|    三 ま 三
        \ | | `ニニ´. | |::/    三 ぬ 三
        /`ー‐--‐‐―´´\    /| | | |ヽ

集団がバッランバッラン

最後の2級山岳の上りでスプリントに関係ない選手がどんどん千切れていき、集団はコンパクトに。
ルフェーブルがアタックを決めるが差は数秒で泳がされている感じ。

ペリツォッティも明日に向けて無理はせず後退。
まあ山岳賞はほぼ確定だし戦略として理解はできるが、山岳で遅れる赤玉というのは見ていて気持ちいいものではない。

一方ゴールに向けて先頭集団で粘るスプリンター達。カベンディッシュも先頭で頑張る。
普通に山登ってるだけでレスが進む選手ってwww

バッランがルフェーブルを追ってアタック。
久々に「集団がバッランバッラン」のダジャレも。

もっと映して

20kmあたりではシアトル鹿男。
しかし最近は見切れ気味でつい見逃してしまうことも。
悪魔おじさん同様放送局のブラックリストに載ってしまったか。

それぞれの仕事

集団はサーベロとラボバンクが牽きはじめ、メンショフもフレイレのために先頭でお仕事。
雨が降り出した。

山頂を目指してヴォクレールがお約束的にアタック。

そしてカメラは山頂で待つ今西さんをバッチリ。補給関係なく映りたいだけだろwww

そして23:30に谷口さんはしっかり「ぴーん」

下りに入って満を持して飛び出すLLサンチェス。
でもあんまり引き離せずすぐやめちゃった。

カメラバイクはルフェーブルを援護。というか牽きすぎ。汚いなさすがフランスきたない

残り1kmでルフェーブルとバッランを吸収、集団はゴールスプリントへ。

3年ぶり2回目

フレイレが2006スイス第7ステージ以来久々のフレイレジャンプ。
ロータリー分離帯を飛び越え芝生をショートカット。

本日の主役

フミは先頭集団で単騎忠則作戦。フースホフトとともに壁をガッチリマーク。
ランスの番手におさまり元エースに牽いてもらうように見える場面もw

ゴールシーンでは真ん中でもがくフミの姿が国際映像にバッチリ。
最後前が詰まり上手く抜け出せないようにも見えたが自身最高位、堂々の7着。

またリザルトに日の丸きたー

勝者には何もやるな

勝ったのはやはりカベンディッシュ。磐石トレイン余裕でした。
メディアバッシングがキツかったのかインタビューでは涙。
「俺勝ったのにみんなフミしか見てないから(泣)…」

にょろーん

フミとともに好位で進めていた新城は結局最終スプリントには乗らず追走集団で55位。

バスクのチュルーカとペレスがタイムオーバー。

思わぬところから

弟を過小評価されていたハジメちゃん、レース後にTwitterで「やっぱり栗村さんはいままでのフミの評価はそんなもんだったんですね」とチクリ。
(おもに実況スレでの)反響の多さに即刻削除www
この人今年は神懸ってるなあ。

何だれうまで1000とか取ってるわけ?べ、別に誰も泣いてなんかいないんだからねっ

Jスポと協賛してるはずのスポーツバーHUB。
実際行ってみると店舗によってカラーがまちまち、誰も中継なんか聞いちゃいないアウェー感満点のとこもある。
実況スレでもどこがいいあそこはダメとかの論議に。
そしてPart165の1000がきれいにまとめた。

1000 名前:名無しさん[] 投稿日:2009/07/25(土) 01:17:19.51 ID:NqZMUECd
おまえらと実況してるこの部屋が俺のHUBだよ

21 名前:名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/25(土) 01:20:08.82 ID:Pys5tyQu
みんなで24時間openさせてるからね

第20ステージ

今年は時計回りのツール、最終日前日にわざわざ南下してやってきたモンヴァントゥーの最終決戦。
同日開催のF1予選で事故があり実況気味に続報を書き込む人もいてスレは一時荒れ気味。
今日のクイズはステージ優勝選手。

またあんたか

Twitter裏四天王の1人、ウィギンスのおちゃめな愛妻ケイトさん。
今日もまた「綿密な予定に欠点」があり、旦那のレース中はちょうどパリへと向かうユーロスターの中。
「でもWi-Fiあるしお酒も飲めるから悪くないわね♪」と開き直りw

いままでの奥さんまとめ。

  • ツールを見るかミッキーマウスを見るかで娘とチャンネル争い。
  • 自分がわかりやすいように旦那には黒いソックスを履かせる。
  • ウィギンスはイマイチと評したEUROSPORT解説者に「この人ちゃんとみんなと同じ中継をみてるの?」
  • 自分にハッピーバースデーをつぶやいたら猛烈なレスが付き「そんなつもりじゃないのよ/////」とデレる。
  • 「休養日の何が一番いいって、あのEUROSPORT解説者のスペイン訛りを聞かなくて済むことだわ!」
  • 雨の第14ステージ「彼の新しい自転車よhttp://twitpic.com/ar1pc
  • テレビ観戦をセールスの電話に邪魔されて大激怒。
  • 第18ステージ個人TTでは友達を駅まで送ってて中継を見れない「致命的なミス」

立ちション中継

いきなりトイレタイムからはじまる現地中継www
今日もいっぱい逃げて16人。上位選手はおらず容認の構えで10分差。
先頭はサクソが牽き背後にアスタナも控えるがサコッシュタイムを控えて集団はのんびり。

まさにスリップストリーム

65km地点で集団復帰を目指すエウス4人とリクイガス1人をガーミンのチームカーががっつりと牽引。
清清しいインチキっぷりw

山火事

コース近くの森で山火事www
消防飛行艇が何度も往復して消火にあたる。
第4山岳頂上付近ではコース上にもうっすら煙が。
36kmあたりではコースを逆走し現場に急ぐ消防車の車列。

浅田さんはスペインでレース中に山火事に遭遇し、審判団の判断で沿道の草が燃える中レースを強行したとのこと。
スペインクオリティパネエ。

パンク選手権

57km地点で蓮がパンク。
チームカー大渋滞で毛ガニ車があわやバイクカメラに追突。

パンクがお家芸のサクソバンクは52km地点でフランクがパンク。
兄が人柱となりアンディは無事完走。

大作戦?

下りに入って集団先頭はアスタナに交替、サクソは一旦休憩。
カンチェはハイスピードボトル運びを展開、ボトル積んだままあっという間に集団先頭w

横風区間に入りアスタナはペースを緩めず、集団が分断してしまう。
ちゃっかり前残りの壁w
フミも前。モロー先生の位置が気になるが未確認。
先頭はサクソバンクが引き継いでカンチェが鬼牽き、逃げ集団との差は一気に詰まり、後方集団はバラバラに。

メイン集団は40人ほど、アスタナ、ガーミン、サクソバンクのみつどもえ。
逃げ集団とは4分、後方集団とは1分差。
サッシャ「書類選考が終わったって感じですね」

死の山へ

そしていよいよモンヴァントゥー。
カンチェは仕事終了で後退。
カベンディッシュも早速やる気なさげに後退w

上りに入り逃げ集団は分裂、ガラテが抜け出してマルティンとリブロンがなんとか追う。
メイン集団もヒンカピーらがどんどん千切れて20人ほどに半減。上位6人とペリ蔵は残る。

残り12kmでクリスセレンセンがお仕事終了、サクソはこれで兄妹2人に。
逃げ集団からも脱落者が続出。

50万人も大げさではない

モンヴァントゥー麓の森林ゾーンから既にものすごい観客の壁。
審判車が露払いしてなんとか道が出来る状況。

ランスが給水しコンタにボトルを差し出すが辞退され観客にプレゼントw

残り4kmでスモウレスラーの着ぐるみw

残り2kmあたりで鹿男。
画面端すぎてSDでは映らないwww

ローマ法王www

ウィギンスは観客を手で払いのけ、先行したカメラバイクが観客に阻まれアンディがアタック失敗する場面も。

逃げはデッドヒート

リブロンも遅れ2人になった逃げ組。
もう目が逝っちゃってるマルティン、ガラテは涼しい顔で余裕残し。
後方の茶番劇をよそに順調に逃げる2人。マルティンの顔は全く順調には見えないのだがw

残り1kmでガラテがアタック、マルティンを一旦突き放すが向かい風が強く追いつかれる。

しかしマルティンに余力はなく最後はガラテが勝利。
33歳のベテランがツール初勝利。しかもモンヴァントゥー。

山岳王とダブルエース

メイン集団に追随していたペリツォッティ。
一旦遅れるが後述の通りチンタラやってるメイン集団にまた追いつき、さらに単独でアタック。
逃げる2人を一時は30秒差まで詰めるがやはり向かい風がキツく吸収され8着。
山岳賞を確定し見せ場も作った。

同じくメイン集団、チーム総合最上位のお値段以上ニバリ。
アンディの度重なるアタックにも踏ん張るが最後は千切れて9着でゴール。

追走集団からメイン集団に合流してきたクルイジガー。
ニバリと共に頑張ってチーム最先着の7着。

奥さん見てる?(見てません)

単騎でメイン集団に食らい付くウィギンス。
何度か遅れるものの客を突き飛ばしたりして復帰。
最後には力尽きて10着。

エンドレスアンディ

メイン集団はコンタ、ランス、フランク兄妹を中心にクレーデン、リクイガス2人、ウィギンス、逃げからこぼれた選手が入れ替わる。

アンディが仕掛ける→コンタ楽々追随→アンディ兄を待って牽制→結局みんな追いつく→ふりだしにもどる
という凡庸な展開を何度も何度も繰り返し、実況民も飽きてくる。
一瞬「これは」という場面があったが路上の観客で詰まったカメラバイクに邪魔され不発。

結局アンディはフランクを気にしすぎてコンタを突き放せず、ゴールまでそのまま。
3着からアンディ、コンタ、ランス、フランクの順で入線。
コンタはランスをチラ見してから片手でガッツポーズ、バキューンはなし。
ツール最大の山場と目論んで、わざわざ寄り道してまで設定された超級ステージがまさかの大凡戦となってしまいASO涙目。

総合上位6人に全く動きはなく、コンタドールが2年ぶり2回目のマイヨジョーヌをほぼ確定。
アンディ2位、ランスが3位でシャンゼリゼへ向かう。

イマイチだったスタジオ勢

実況サッシャ、解説は浅田監督と永井さん。
CM前にはサッシャの無茶振り「今日のステージ優勝は誰ですかっ!」
永井「誰ですか(笑)」
浅田「(笑)」
グダグダw

サシ山さんに超級山岳でのめまぐるしい展開はちょっと辛い。やはりクリリンのサポートが必要か。
また「ぴーん」を忘れてしまう。20秒ほど遅れて告知。
表示される風速の単位km/hをメートルと誤解したまましばらく実況。
風速33m/sとかどこの台風だよw

浅田さんはどうもコンタの調子がよろしくないのではと気になる模様。
「いつもこんなもんじゃね?」「ツールあんまり見てない?」「この人解説はイマイチだな」
など実況民との乖離が激しかった。

死の山を完走しないとグルペットが安心してパリに帰れないんだ

横風で安否が心配されたモロー先生は8分遅れの54位、意外といい順位でまろやかゴール。

フミは14分遅れ92位。やや上位にシマノが数人いるので一緒に走ってたか。

新城副会長を含む26分遅れの壁際会は50人。
ゴール前ではカベンディッシュとフースホフトが抜け出し笑顔でスプリントwww
仲直りしてよかったね。

本日タイムアウトもリタイヤもなし。出走した選手は全員無事ゴールしました。

第21ステージ

悲喜交々の3週間 夏物語も最終回 やってきましたシャンゼリゼ。
今年は撤退騒ぎもなく全チームが凱旋、出走158名。

シャンゼリゼまで

内容が濃すぎて困るので時系列順に箇条書き。

サッシャ「今日のステージ優勝は誰ですか?」
クリリン「…日本人?」
店長「(笑)」

コンタはアクチャルスタート直後に照れながらアタック、撮影会。
蓮と握手。

並走するロットの3人。ウェゲリュースは浮かれ気味にダンシング、ロイドはハンドル叩き。
豪腕さんがやってきてしばらく並走。

その豪腕さんは今日も痛車。デザイナーはダミアン・ハースト

ランスはTwitter仲間テンダムと談笑。

ナショナルのポッツァート、赤玉ペリ蔵、虹色バッランのイタリア人スペシャルジャージトリオ。
なぜかノーマルジャージのフランス人モンクティエも仲良く並走。

豪腕は蓮を勧誘中。

コンタ、タイム差を書くあの黒板に「2ème Tour」(ツール2度目)と書いてもらい掲げる。
おいしい画像に実況板でもコラが沢山作られる。

昨日敢闘賞のマルティンはノーマルゼッケンを赤地に塗った手作りの敢闘賞ゼッケン。
最終日なので敢闘賞ゼッケンは総合敢闘賞のペリツォッティが着用してるため。

実況スレに現地特派員登場。シャンゼリゼ周回コースからどんどん画像レポートを送る。

カンチェは暢気にFlipVideo(携帯動画カメラ)で動画撮影。
ディレイラートラブルで停車するがカメラは離さずw
カメラバイクを逆撮影「お土産にするんだ」

今日のアスタナは自由行動。
コンタはエステバンと並走、アシストはしーぽんだけ。

スキルシマノ電話してやがるwwwゲシュケかwww

コンタとアンディ仲良く肩組んで並走。この2人はしがらみ抜きで仲が良さそう。
アンディにアホ毛がw

ランスまだ蓮を勧誘中。

沿道に米軍のジープ。
サイレンを鳴らしながら草原を爆走、選手もガン見w

コンタ今度はLLサンチェスと談笑。スペイン人しか友達がいない予感。

今中「サッシャ…さんが」
サッシャ「サッシャでいいですw」

日本人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
2人はコンタの後ろに移動し、よく映るようになる。

ランスは蓮を離さない。

フミ新城大写しキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
フミは照れる新城の代わりに片手で「5」のサイン。
八重山日報も早速更新w

フランクと談笑するミラー。TT屋のガーミンは今日みんなワンピース着てる。

胸張ってスイスジャージを見せるカンチェ。ノリノリである。

壁のゼッケンがボロボロw

沿道の車のハッチバックにボトルを投げ入れるアイゼルwww

ランスはサストレを勧誘。蓮の件でボスに話を付けにいったか。

先生キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
「シャンペンくれ」とまろやかに要求www
渋々ボトルで我慢する。

スタジオでは第2ステージ「カベンディッシュどうでもいい」発言の反省会。
新城を見つけ思わず黙ってしまったクリリン「ゴール後は記憶にない」www

日本人組はコンタの前に移動w
カメラバイクも2人の位置取りを注文つけてばっちり撮影。

サンポール教会。

今度は壁を勧誘する豪腕さんにクリリン妄想アフレコが炸裂。
並んできたポポヴィッチ「俺も入れてくれよ」
追いついた蓮「ちょっと待てどっちなんだ」
蓮と壁「何?何?今何言われてたの?」

アスタナはシャンパンで乾杯。ランスがど真ん中でコンタ後列。
さすがにコンタ前に出てきたが、やっぱりランスとは乾杯せずw

カンチェwww
腕の日焼け跡を見せ、ジャージを開けて胸チラアッー!。

定点カメラ前を横切る携帯DQN。

ランタンルージュのフタロビッチは頭に赤い布。
コンタと並んで総合首位と最下位のツーショット。

サッカーから自転車へ転向したクリリンの現役時代の話。
オフシーズンに試合に出たら「前半15分で両足首捻挫しました」www
サッシャの「現役時代に自転車100kmと徒歩1kmだったら?」との質問に2人とも「自転車」と即答www
サッシャ笑いすぎて撃沈。

フェイユもシャンペン話。ちゅべるはみんな先生化してるのかw

SF作家高千穂遥さんからのメール。
なんとサッシャは知らずスルー、ふつおたとして処理された。

バイクカメラにイエロージャケットのフィギュア。

ランスの魔の手はアンディに。
横で走りながら素知らぬ振りで耳をダンボにしてるフランクw

放送前に視聴者(実はPart177の438)からシュークリームの差し入れ。
先週のレースでシュークリームを持たされて写真を撮られたクリリン。

来ツールに向けて今度はフランス人最上位のルメヴェルと面接をするランス。
クリリンの妄想が止まらない。
「私生活でもそうですけどプロトンでもプレイライダーですね」
「大暴れですね」「小悪魔ですね」
「いやいやお城あってのツール中継ですよ」
サッシャも「まさにランスハローワーク状態ですね」

ユキヤがカメラバイクにインタビュー。
「バンザーイ! カミカーゼ!ハラキリー!アリガト!めるしー!」

豪腕さん今度はデヴォルデルと面接。
さっきからプロトンを右往左往、完全にそのために走ってる感じ。

エッフェル塔が見えてきた。

壁と並走するコンタ、段差のついた白線に気付かず乗り上げる。
びっくりして大声を上げる壁w

ランスとデヴォルデルの面接が続く中、アホの子が乱入w

コンタ、カメラマンにスペイン国旗を渡されマントにして御機嫌。

現地特派員からは話題のスキルシマノバス画像。
「これが置き引きされたバスか」「今度はこれが盗まれるの?」違うwww

まだデヴォルデルと並走するランスの周りにQS勢が集結、ピノーが肩寄せて売り込みwww
クリリン「僕にはそうにしか見えないですねもうw」
コフィディスの選手に促され後退、懲りずにまた来たw

女性からのメールばっかり読まれるスタジオ。
「寝かせないように」「読むのが男だから」「これがサコッシュタイム」
「高千穂遥も女と思われたのかw」

ロータリーでクリーアが一旦下車。
サクソに負けずサーベロもトラブル多いなあ。

クリリン今度は国内のフミの評価(ハジメ発言も含めて)についての反省会。
話が長くなりだんだんグダグダにw
「日本男児の誇りと強さとプライドと、あ、プライドと誇り一緒ですけどもw」

エヴァンスはウェゲリウスとボトルで乾杯。早くも残念会か。

クリリンがだんだん高まってきて熱く語る。
現役時代に「シャンゼリゼで走れたら後はどうなってもいい」と思っていた。
自分が出来なかったことを同じ日本人がやってくれたことに感動した模様。
しかし長話で収拾が付かなくなり最後には「止めてくださいよw」

市街地周回に向けて集まるアスタナ。豪腕面接も終了。
ポポヴィッチのバイクのステムにはCCDカメラが。
ランス「ポポは俺の事信じてくれないんだよwww」サッシャ訳
また妄想を巡らせるクリリン。
コンタはぽつんと最後尾w

パリ入口の補給地点を通り、いよいよシャンゼリゼ周回へ。

言葉にならない

パリ市街地に入り集団前方にはフミの姿も。

クリリンの声がしなくなり、しばらくサッシャと店長でやや不自然に実況を繋ぐ。
ようやく戻ってきたクリリンはあまりの感動で呂律が回ってない模様。
「いやぁ…言葉にらららいっすぇ、ホントに」
「だって日本人走るんですよこれからシャンゼリゼ」
しかしまた黙り、なんか鼻をすする音も聞こえる。
そして店長も無言になり、サッシャだけで5分近く実況。

いつものトンネルをくぐりジャンヌダルク前を抜け高速観覧車へ。
シャンゼリゼ周回スタート。

ようやくクリリンが搾り出すように口を開く「日本人…走ってますよ…」
店長も立ち直り実況に復帰。

ファーストアタックはカルザッティ。いまいち出切れずすぐ吸収。
そして、

フミキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

3人追走、そしてまた3人加わっての逃げスタート。
フミ、コイヨ、ドゥムラン、ピショ、バレド、ヴェッカネン、ウェーグマンの7人。
集団はコロンビアが前に出てきてとりあえず逃げ容認。
2周目の第1スプリントはドゥムランがゲット。フミは2位通過。

実況スレも一気にksk、10分1スレペースに。
2本重複したPart181の後から立った方にみんな殺到し実況スレが分裂。
流れが速すぎて誘導もきかないので、先に立った方を182に回して逆順に消費することで解決。

積極的にローテーションを組んでガンガン逃げるフミ。
現地特派員も激写、場内実況でも別府の名前が出ているそう。

35秒差で推移する集団からボチャロフがイグナチェフを発射。
しかし単走ではなかなか追いつけずしばらく踏むが吸収。

第2スプリントポイントはローテーションのまま誰も競らず。
バレド、ウェーグマン、ピショの順で通過。

クリリン「もうね、心の赤ゼッケンですよ」
「大きいチームに行ってほしい。僕が言うのも変ですけどw」大失言www

集団からランプレのサパが飛び出すが半周ほどで吸収。
沿道には日の丸応援団も。

ウェーグマンがローテーションから外れ、しばらくバイクカメラの後ろに入る。
すぐ折り返しになり合流。
店長「特に意味はなかったですねー」

8kmで逃げ集団から3人がアタック、フミ、ウェーグマン、ヴェッカネン。残された4人は吸収。
5km地点でフミら3人も吸収。いい夢みせてもらった。

勝ったのはやっぱり

逃げを吸収した集団はガーミン3人が牽く。
これを嫌ったコロンビアは別線で上がっていくが、最終コーナーでタレ気味のガーミン2選手が後続を分断。
レンショーとカベンディッシュだけが前に残りぶっちぎり大楽勝の6勝目。
第14ステージではコロンビアを邪魔したガーミンが奇しくもアシストする形になった。

幼稚園どうした

ブイグテレコムは早めにトレインを組んでいたが、肝心の新城が位置取りが悪くなかなか上がれず20着。
シャンゼリゼで20位ってのもすごい成績なんだけど。

戦い終わって

総合優勝はアスタナのアルベルト・コンタドール。
これで4回出場したグランツール全てで総合優勝。
集団ゴールでは両手ピースしてのガッツポーズに「来季毛ガニかw」

2位、新人賞はサクソバンクのアンディ・シュレク。
ところどころで足枷になった兄を見捨てていれば優勝もアリエッタが、そこは兄妹愛でありアンディのアンディたるところ。
課題のTTも絶望的な遅さはなくなったけど、もうちょっとがんばりましょう。
来年は新人賞3連覇がかかる最後の年。

3位はアスタナのランス・アームストロング。
表彰式ではコンタと全く目を合わせず、3位にも不満なのか一刻も早く帰りたそうな態度w
実際コンタの祝勝会は無視してラジオシャックの関係者と酒盛りしていたw
山で付いていけない場面も目立ち「ランスオワタ」との評価もあったが、37歳でブランク3年あってそれでも3位というのはやはりすごい。
総合表彰台8回は最多タイ記録だそうです。

ポイント賞はサーベロ・テストチームのトル・フースホフト。
壁が勝ったステージはしっかり2着を確保、ステージ優勝は第6ステージ1回のみだが山岳でも着実にポイントを稼ぎ単騎大逃げも披露。
奇しくもライバルの師匠ツァベルおじさんのような走りでマイヨヴェールを獲得。

山岳賞、総合敢闘賞はリクイガスのフランコ・ペリツォッティ。
総合ヤバイんで山岳狙いに切り替えますね的な戦略だったのであまり山岳王という感じはしない。
何度か山で普通に遅れてたしなあw

チーム総合優勝はもちろんアスタナ。
コンタ、ランス、クレーデンに加え前半はライプハイマーも上位におり22分差の圧勝。
(総合上位3選手ではなく厳密にはステージ単位での上位3選手成績の合計)
2位にガーミン、3位サクソバンクとやはりTT偏重の結果となった。

ランタンルージュこと総合最下位はフランセーズ・デ・ジューのヨヘニ・ウタロビッチ。
コンタドールから4時間16分27秒遅れ。
ちなみにぼくらのケニーはリタイヤ時点でウタロビッチからも45分遅れ。完走していればぶっちぎりでした。

ステージ敢闘賞は見事スキルシマノの別府史之が獲得。
最終日なので表彰式はないのが通例だが、もしやを期待して待つ実況民そしてスタジオの3人。
しかし最後に残った表彰式は来年のスタート地ロッテルダム市長への「2010年賞」授与式。一同ズコー

そしてスタジオに戻る

パレードの準備を待ちながらスタジオでは今年の総括。
今中店長は日本人の結果に大満足のさわやかな笑顔。実況スレでは散々いじってきたけど根はすごくいい人なので素直に喜んでるでしょう。
一方クリリンは泣き疲れたのか髪もボサボサでやや賢者モード。

放送枠は残り30分。
スタジオも実況スレも当然パレードを実況するつもりで待機していたが、残念ながら現地映像の国際配信が終了。

新記録

初日の13スレを上回る16スレ突破。うち5スレ約1時間にわたりフミが逃げ続けた。
最終日フィラー終了時点でPart190、反省会やハイライトやと総集編再放送を含めて8/9時点でPart195はツール実況新記録。
豪腕復活、モナコTT、日本人大活躍、ブイグ幼稚園、壁VS蓮、メンショフ、ケニー、Twitterブーム、ガチ山右京、ハジメ確変、置き引きなど例年に増して見どころ満載のツールでした。

おば。

 
 

 

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 20:38:36 (1258d)