2011ツール事件簿

わからない用語は用語集にのってるかも



第17ステージ

国境を越え、イタリア・ピネローロを目指す山岳ステージ。
この日もまた、1級セストリエール峠の後に長いダウンヒルが控えているが…?

今日の逃げ集団

ステージ優勝を狙う選手には残り少ないチャンス、この日も激しい逃げ合戦が繰り広げられる。
長いアタックの末シャバネル・カザール・ボアッソン・エルファレス等14人の大所帯でステージ優勝への争いが開始。

ああ!コンタのアシストが!

ジロではコンタにアシストされ感動的なステージ優勝を挙げたアスタナ・ティラロンゴがリタイア。そ

お仕置き?成績?

7分程度まで差の開いたメイン集団から、ジャンプアップを目指してかAG2Rロッシュ(総合22位)、QSTデウェールト(同12位)、そしてフーガーランドが飛び出す。
集団は特に動かず、容認の構え?

アホの子のお爺ちゃんお婆ちゃん

まだまだマイヨキープ中のヴォクレールのヴォクレール、祖父、祖母のコメントが入ったそうです。
祖父「昔マイヨを来た時はただの偶然っていじめられたな」
祖母「私の身体に悪いから早くマイヨ脱いで」
なんとなく性格を受け継いでいるような気がしないでもないw

プロの技

逃げ集団からエウスカルテル・ペレスがアタック。そしてカメラバイクに虫が張り付くが、十秒程度他のカメラに切り替わる間にきっちり排除w

親からもダメ出し

今日のあさかはシュレク父にインタビューしたよという話。
「アンディが下りでダメなのは精神的な問題。選手としてどうなんだろうね」と厳しいダメ出しが身内から飛ぶ弟……

まだ慌てるような(ry

まったりのメイン集団、残り30キロでも約8分差と完全に逃げ切り容認。
とはいえ余りに差がつきすぎたのか、約5分前にデウェールトがいて総合順位に影響が出そうなためか慌ててガーミン、ランプレ辺りが強烈に前を引き始める。

マイヨ・トリコロールの意地?

最後の2級山岳に入り、逃げるペレスを追う残りの13人がペースアップ、ペレスを捕まえると同時にカウンターで飛び出したのはシャバネル。
今ツール、序盤の落車の影響もあっていいところのなかったシャバネルが見せ場を作る。
そして後ろから追走し追いついてきたのはまたまたボアッソンハーゲンw

ノルウェー人って奴は…

ボアッソンハーゲンはシャバネルがペースを落として追走と合流しようとしたところで、更にアタックして単独先頭に。
ノルウェー人の「スプリンター」の定義はおかしい。

今日も動くよ!

メイン集団はBMCのペースアップで人数が絞られる中、今日もコンタドールが猛烈なアタック。
これは失敗に終わるが、今日も二度、三度とアタックをかける。
阻止したい構えのレオパードはフランクが前に出てコンタの頭を抑えようと必死の抗戦。

慌てず安全にかつ急いで

モレンマとともにボアッソンを追走するそじゃさんイヴェール、ヘアピンカーブで山菜ギリギリの危うい走り。
案の定、続くコーナーでコースアウトして落車。崖ではなかったため大過なかったが、木の根にバイクが挟まりリスタートを切れない。
完全にパニック状態に陥ってしまったか、更にイヴェールはコースアウトして民家のガレージに不法侵入。ケガがないのが救いか。

勝利のために

狭くテクニカルな最後の下り、ヴォクレールもコースアウト気味に減速、入れ替わりに前に出たのはコンタドールとSサンチェスのスペイン連合。
落車のリスクは承知で、攻めの走りで差を広げにかかる。

ハーゲンダッツおかわり

ステージ優勝は結局山岳で飛び出して独走を決めたボアッソンハーゲン。
今ツール2勝目、2人しか出ていないノルウェー人がそれぞれステージ2勝ずつと、ノルウェー人大活躍のツールとなった。

人気の家

イヴェールが突入したガレージにヴォクレールも侵入、あまりにも痛いタイムロス。
追走集団からもちぎれ、孤独な追走という厳しい状況。

 716:名無しさん sage 2011/07/21(木) 00:06:11.79 ID:OgynoPqB
 三三三三三三三三三]
              |
   | ̄ ̄| ̄ ̄|    |
   |//  |//  |    |           
   |  //|  //|    |            キャー
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i┳┳┳┳┳ ∧∧┓≡≡     ∧∧
     ______   ||┃┃┃┃┃ (´Д`┃ ≡≡  Σ (゚Д゚,;) 、  〜〜
   ;;;{ 選手ホイホイ };;;;;||╂╂╂╂╂ O┬O╂)〜 ≡≡  O┬Oc )〜    〜〜
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |l┃┃┃┃┃ ┃┃ ┃(*) ≡≡  (*)ι_/(*)   〜〜

スペイン連合対ルクセンブルク兄弟

秒差をつけたいコンタ・Sサンチェスが牽引するも、ゴール直前でシュレク兄弟が猛烈に追走、結局エヴァンス達もついてきて総合上位勢は一塊に。
……しかし、下りで痛いミスを犯したヴォクレールと、下りは普通に遅いバッソが痛恨のタイムロス。ヴォクレールは今日もまた貯金を吐き出してしまう結果となった。

見事な

山岳賞を奪還したヴァネンデール、オデコのあたりが見事にヘルメット焼けw

総合成績

 784:総合 sage 2011/07/21(木) 00:07:47.59 ID:W1qRXJBn
 
 ヴォクレールの貯金はまだまだあるで!
 1. VOECKLER Thomas      181 TEAM EUROPCAR          73h 23' 49"
 2. EVANS Cadel           141 BMC RACING TEAM           + 01' 18"
 3. SCHLECK Frank          18 TEAM LEOPARD-TREK        + 01' 22"
 4. SCHLECK Andy           11 TEAM LEOPARD-TREK        + 02' 36"
 5. SANCHEZ Samuel         21 EUSKALTEL-EUSKADI         + 02' 59"
 6. CONTADOR Alberto        1 SAXO BANK SUNGARD        + 03' 15"
 7. CUNEGO Damiano       161 LAMPRE-ISD                 + 03' 34" △1
 8. BASSO Ivan             91 LIQUIGAS-CANNONDALE      + 03' 49" ▼1
 9. DANIELSON Tom         52 TEAM GARMIN-CERVELO    + 06' 04"
 10.URAN Rigoberto         118 SKY PROCYCLING            + 07' 36"

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 20:38:41 (1291d)