2009ツール事件簿(第07ステージ〜第09ステージ)

わからない用語は用語集にのってるかも

第7ステージ

プロデューサーさん!超級ですよ!超級!
今日から本格的にピレネー山岳ステージへ突入、沿道の観客も大変なことに。
実況解説はダブルクリリンことニュー我ら。

パトロンさん初登板

元TFMアナでJスポではサッカー番組を中心に出演、昨年からクラシックもちょこちょこ実況していた永田実氏がツール初実況。
サイクル実況での顔出し出演は初めてのため、市川海老蔵似のイケメンスキンヘッドというその風貌に衝撃を覚えた実況民多数。
「海老蔵すぎる」「後光が射してるな」「実況もクリリン解説もクリリン」とオープニングから早速コラ画像祭りに。

会長からの業務連絡

twitterで毎日優勝予想をやっている会長から、本格的な山岳ステージ開幕に向けて業務連絡あり。
「グルペットの会員諸君!健闘を祈る!」

自覚しているが自重しない

一方元祖クリリンは今日も微妙に横風スタイリング、そしてまた放送禁止シャツ。

今日のクイズは「ステージ優勝する選手のチーム」
本人も「クリリンの呪い」を自覚しているクリリンの予想は大本命アスタナ。
「呪いキター」「はい消えたwww」「アスタナオワタ」と恒例の逆神扱い。
最近の自宅Twitter実況では「当ててしまってる」ので呪い返上かと思いきや、残念ながらいつも通りの結果に。

黄色いカンチェ終了

昨日のレース後のTwitter、サクソバンクのアルヴェセンが同室のフォイクトさんについて。
「もうやだこの部屋 こっちは死ぬほど疲れてるわけだがイェンスは超元気に走り回ってやがる」

カンチェラーラが67km地点でパンク、ついでにトイレタイム。
集団は待つ意思を見せカンチェも下りを猛追するが、その後もう一度ホイール交換。
集団になんとか食らいつくも最後の超級で売り切れ、9分遅れの67位でゴールし総合も39位に後退。
一昨年同様「母ちゃん俺7日間マイヨ着たよ」のサインを示しつつゴール。

シュレク隊はエヴァンスに牽いてもらって豪腕グループでのゴール。

だって大本命

クリリンの呪いで終了のおしらせが出てしまったアスタナ。
サヨナラマイヨ体勢のサクソバンクに代わり今日も集団支配。

ランス先輩は全盛期を彷彿とさせる高ケイデンスダンシングを各所で披露。
本気で仕掛ける場面は見られず第1集団でのゴール、総合は8秒差の3位。

終盤コンタドールが無線機を外しての単独アタック。4位ランスを抜き総合2位に浮上。

よつば

セバスチャン・ジョリーがリタイヤ、詳細不明。
ちなみに「名犬ジョリィ」の主人公の少年の名前はセバスチャン。

今日もボーネンは

連日負のオーラが出まくってるボーネン、今日も22km地点で集団落車に巻き込まれる。
そのまま忘年会を本格開催、壁、蓮、新城らを吸収し28分遅れでゴール。山岳初日から50名の大所帯。

今年もエヴァンスは

追走集団前方で虎視眈々のエヴァンス、しかしやっぱりアシストは後方。
早くも例年通り「差を詰めようと前に出たら結局先頭を牽かされたでござる」という展開。

忘年会副会長就任

新城は完全にお休みモード。後方でグルペット形成を待ち、昨日に引き続き忘年会ゴール。
しかしブイグテレコム補正とはいえよく映るなあ。

蓄積してきた疲れと連日の取材攻勢で若干ナーバスになってるとの話もありやや心配されているが、地元八重山日報の取材では元気な受け答えを見せている模様。「単に志穂がうざいだけでは」説w

AG2R

コンタの猛追及ばず、逃げ集団から4位でゴールしたノチェンティーニが6秒差でマイヨジョーヌ。

あぐりちゅべる

残り6kmで先頭集団からフェイユ弟ブリース・フェイユがアタック、そのまま逃げ切り。
初プロチーム初グランツール初優勝おまけに初山岳ジャージと初物尽くし。
喜びのあまりジャージ全開でのゴールにスポンサーも嬉しいやら悲しいやら。

第8ステージ

ピレネー2日目、プロトンはアンドラ公国からフランスへ。終盤下り基調の平地ゴールながら道中の山岳は1級・2級・1級となかなかの巨乳っぷり。
プレゼントクイズは「マイヨジョーヌの変動あり?なし?」
今年は概ね簡単な問題が多いので、もう少し歯応えのある問題が欲しいと不満続出。

最強布陣

実況サッシャ解説クリリンにゲストは先代自転車名人の鶴見辰吾さんと夢のような編成。
しかし暴走気味の我らワールドの毒気に当てられ、鶴見さんは後半どんどん空気に…

質問メールで久々に今田忠則登場。

今日はどちかというとサシ山さんが大暴れ。
P.N.「メタボーネンの妻」さんのメールを本名から読んでしまい暴露。
「栗村さんの解説は100パー信用してますけど、思い出話は7割ぐらいですね」
「落メー」「えげつない!えげつないエフェムキン!」

クリリン、トイレで「といれ。」とTwitter更新、スタッフ(masubente)に「本番中にトイレはともかく更新は…」と突っ込まれる。

どうやって登った

切り立った断崖の上で応援する観客と犬。なにこれこわい。

この人の予想も意外と呪い方面

クリリンに「グルペット職人」と紹介されたマキュアン会長。
Twitterで「フォイクトさんとディグレゴリオ(FDJ)に注目」と更新。
ほどなく「ゴリオは忘れてくれ 出てねえやw」と修正。

ボトルいりませんか

連日「置き引きキター」とスレがkskするスキルシマノ今西監督の電話コーナー。
「補給地点でサコッシュ持って立ちます」と予告。
しかし生映像では確認が難しく、サッシャの指示とスタッフの機転によりJスポ初?独自のリプレイ映像でしっかり確認された。
「何で遅れてるシマノが早々と突っ立ってんの?」と怪訝そうに通過する上位選手。
「あれで小遣い稼ぎ」「ボトル売って借金返済」とやっぱりそっちに結びつけるスレ住民たちw

ボーナスクイズ

今日のボーナスクイズは「第2スプリントトップ通過選手のチーム」
本命は逃げにも乗っているフースホフトのサーベロ。
締切直前にクリリンが言及し、締切直後にアスタナが一気に動き出して慌てる場面もあったが、危なげなくトップ通過。

小姑カンチェ

第1山岳の下りが落ち着いてきたあたりで、序盤から逃げていたカザールと蓮が追走集団に吸収。
カザール、蓮、エヴァンス、ザブリスキー、マルチネスデエステバン、エフェムキン、ケルヌ、カンチェラーラ、フレチャ、ヒンカピーというやたら豪華なメンツの逃げ集団を形成。

エヴァンスが中心になってローテーションを組むが参加しない選手も。
画面に映る度に誰かしら怒鳴ってるカンチェ。
ローテーションが機能しないので「お前ら牽けよ」と怒ってたようにもみえたが、ウィークリーハイライトによると全く逆の「エヴァンス1人に牽かせとけ」作戦だったらしい。

今日はこの人のネタはないと思ってました

日刊ボーネン。
集団後方ではカベンディッシュが中心になってグルペットを形成。通称「壁際族」
クリリンも新会長は壁と言及、グルペットリーダーの座が怪しくなってきたボーネン。忘年会もこのまま禅譲か。

アルヴェセン、放課後体育館裏な。

「うちエフェムキン逃げてますんで^^」とあまり仕事する気がないAG2Rに代わり、結局集団を支配するアスタナ。
エヴァンスやアンディを吸収して逃げに上位選手がいなくなったので今日のお仕事は終了。
まったり気味のプロトン先頭でポポヴィッチと談笑するランス。
その時サクソのアルヴェセンが不意打ちアタック。
顔色がみるみる変わった豪腕先輩、すかさず全力で潰すがしばらくプロトンには緊張が走る。
怒らせてはいけない人を怒らせたアルヴェセンは「これは体育館裏だなw」「明日DNSか…」などと心配された。

エフェムキン、放課後屋上な。

終盤4人に絞られた逃げ集団。
牽制目的のためここまで全く牽いていなかったAG2Rのエフェムキンが残り6kmでいきなり先頭交代に参加。
「おいィ?何いまさら牽いてるわけ」と二度見するサンチェスw
サンチェスとアスタルロサに談合の動きがありつつも、殺伐と4人は進む。

残り4kmでやっぱり仕掛けたエフェムキン。サッシャ「えげつない!」
独走態勢に持ち込むが「裏切りは絶対に許さないという高いモチベーション」で追う3人にゴール500m前で捕まり4位。

赤ゼッケンでござーる

序盤からいろいろ仕掛けて最後まで逃げ残ってたFDJのカザール。
ゴールスプリントで渋々エフェムキンを追いかけたが、サンチェスの発射台にされてしまい無念の2着。
文句なしの敢闘賞を獲得。

今日は毛ガニの日

76kmあたりで俺の塩ペレイロが棄権。チームマネージャーによると「あまり調子がよくなかった。最初の上りで遅れて萎えた」とのこと。

下りが得意なサンチェス族のルイス・レオン・サンチェスが下馬評通りのステージ優勝。
エフェムキンはアスタルロサに追わせ、ゴール前ではカザールを先行させてのごっっつぁんゴール。
ある意味この人もえげつないw

そして集団スプリントも毛ガニのロハスが制し5着。

ランスさんもTwitterで「サンチェス、区間優勝おめでとう。そして、イエローバンドをしてくれてありがとう。」と祝福。

無事完走

フミは最初の山岳で早々と脱落し心配されたが、続々と遅れだすスプリンター達となかよく友の会。
新城も中盤までは前の方にいたが徐々に遅れだし友の会ゴール。

星空の守り人

ドラクエIXの主人公に勝った選手の名前を付けることにしたあるスレ住民。
5文字までなのでエフェムキンやアスタルロサだとどうするか悩んでいたが、結局サンチェスで決着し一安心。
「ドラクエ的にはサンチョ(Vの召使い)だろ」の声も。

選手より大写し

早くも「Pro Cycling Manager 2009」をIYHした人が登場。
レース終了後にタイトル画面のSSが貼られたが、そこにはなんとプロトンに並んで全力疾走する鹿男がwww
「誰よりも大きく写ってるじゃないかwww」「ジョーモンタナwww」とスレ住民も大爆笑。
(※補足:ググってみたところモンタナ大アメフト部のユニフォームでした)

第9ステージ

超級ツールマレーを通るピレネー最終日。
日曜の長時間放送に加え、都議選・王将・コミケ・ドラクエ・35歳ランス似エステティシャン・平地でも30km余裕・カセットテープなど雑談も多かったわりにスレの伸びはそこそこ。
それでも9日目でPart089突入は昨年のほぼ倍のペース。

イマニャカのライフはゼロよ!

実況解説はサッシャ・「KUOTA」シャツの今中店長・そして「LIVESTRONG」シャツのハジメという珍しい組合せ。

志村けん似のサシ山さん、先日購入したドラクエで寝不足なのか若干ヒゲが濃い目。
今西さんとの電話中にボーナスクイズ締切告知を忘れるという失態。
番組終盤ではさらにヒゲが濃くなり「変なおじさん」のような顔つきに。

日本人大活躍以来元気のない「ツール第一人者」を尻目に今日は妙に饒舌なハジメちゃん。
昨日第8ステージでフミがポラールのライブデータ表示コンテンツに参加したが、機器の不調でデータが送れなかったとのこと。
自社取扱ブランドのネガティブな話題に苦笑いでお茶を濁した店長だが、心中や如何に。

そして今日もフミのポラールはトラブルw

なにしてはるんすか

今日は出演なし、大阪でトライアスロンイベントに出て飛行機でトンボ帰りのクリリン。
羽田の駐車場(P3の3階・クジラが目印)で迷子になり、「車がない」「あった」とTwitterで大騒ぎw
スレでも序盤の今北産業の1行に入れられるほどの人気ぶり。

エンドレス○○○

今日のボーナスクイズの賞品は先日発売された「ツール1999-2005 DVD-BOX」
実況スレでは「ちょっと夢見てはランスに叩き潰されるのが7本も入ってんのかよ」の一言から「エンドレスランスw」「エンドレスセブンだな」とハルヒネタに。

ボーナスクイズ締切後にプレゼントクイズの問題発表。
SEを何度も鳴らして発表したその内容は、昨日と全く同じ「マイヨジョーヌの変動はあり?なし?」
「またかよ」「昨日と同じじゃね」「エンドレスクイズ」とスレ住民はゲンナリ。

※当時放送していたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の第12話から始まった「エンドレスエイト」
8/31で時間がリセットされて夏休み後半の2週間を延々とループしてしまう話。
原作では最後の1周分の描写しかないのだが、アニメ版はほぼ同じ内容で4回ループさせ5周目に突入、賛否両論を巻き起こしていた。

賑やかな沿道

最初の山岳アスパンの上りで沿道に日の丸を掲げたフロンターレユニの日本人登場。恒例になるか。

キャラバンで配ってんのかと思うほどブイグジャージの観客が多い。

チュルーカのペイントが目立つツールマレー。ISASI道ならぬちゅるや道。

あいかわらずフリーダムなオーストラリア人応援団。

「バスク祖国と自由」が略称ETAの旗を掲げてアピール。しばらく並走するが警備員にバッサリ。

ざわ…

序盤の残り134kmでなんとランスがアタック。
ノチェンティーニらが物凄い勢いで追いかけすぐ収束したが、豪腕直々の行動にプロトンは大混乱。
「QにLンスがKたので」

フヒヒサーセン

10数人でわらわら逃げていた逃げ集団はフォイクトさん、ペリ蔵、ドゥケ、フェドリゴの4人に収束。
第1スプリントポイントではアタックこそないもののコフィディスのドゥケが先頭を譲らずそのまま1位通過、後でフェドリゴに謝っていた。

始さんなので容赦なく切りました

恒例の今西監督生電話。
今日は車内がバタバタしてて横で無線でガナりまくりのやりとりもしており今西さんもわりとうわの空。
「今は大丈夫です」とは言ったものの明らかに忙しそう。
無理矢理電話を続けサッシャ→店長と交代するがハジメちゃんの途中で電話がブッツリw

アスタナは静観

集団は一応AG2Rが牽いていたがコントロールし切れず、アスパンの上りではぽろぽろとアタック祭りになり10人近い追走集団を形成。
アスタナは危険回避で前残りながら静観の構え。
ツールマレー下りからはラボバンク、毛ガニ、コロンビアなどが出てきてペースアップを図るが、追走集団を吸収したものの先頭の2人は捕まえきれず。

ラボバンク徒然

ランスさんに負けず劣らず結構なTwitter厨のテンダム、どこかでド派手な落車をしたらしくジャージの背中がボロボロ。
レース後も早速いつものように更新していたが傷口画像が痛々しい。

一方落車のスペシャリストことエースのメンショフ。
山岳ではせっせとボトルを運び、ゴールスプリントではフレイレのために集団を牽く献身ぶり。

おかげさまでフレイレは集団先頭ゴールの3着。

サクソバンク諸々

序盤から逃げ集団をがしがし牽いていたフォイクトさん、ツールマレーまで頑張るが山頂を目前に脱落。
cyclowiredのテキストライブには「隊長フォイクトさん」との表現がw

残り3kmでアンディがパンク。集団はすでに猛追モードに入っていたがこれで若干ペースが淀んでしまう。

かちゅーしゃ其々

スプリントでイワノフが4着。
一方、元マキュアン友の会副会長のナポリターノがタイムオーバーで失格。
何もせず帰ってしまいました。

同行二人

ペリツォッティと最後まで逃げ切った「鼻」ことブイグテレコムのフェドリゴがステージ優勝。ブイグ2勝目。
表彰式実況では「←」「→」に混じってフェドリゴの鼻筋を表す「↓」の記号も。

スプリントで先に仕掛けたペリ蔵は早すぎて差され無念の2着。

所詮マイナースポーツ

新城はモロー先生やカンチェと同じ18分遅れの第2グルペット、123位でゴール。

フミはファンヒュンメル(38分遅れ完走)を気にしつつ25分遅れ壁際会ゴールの140位。

レース後更新された読売オンラインの記事見出し「新城、別府とも振るわず」
内容にはほとんど触れず順位だけで「振るわず」とか書いちゃう一般マスコミと、次週に向けて前向きコメントの2人に見事な温度差が。

 
 

 

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 20:38:35 (1258d)