2010ツール事件簿

わからない用語は用語集にのってるかも


プロローグ 第1ステージ第2ステージ第3ステージ第4ステージ第5ステージ第6ステージ
第7ステージ?第8ステージ?第9ステージ?第10ステージ?第11ステージ?第12ステージ?第13ステージ?
第14ステージ第15ステージ?第16ステージ?第17ステージ?第18ステージ?第19ステージ?第20ステージ?

第5ステージ

昨日に引き続きの平坦コース、エペルネーからモンタルジへの187km。
実況谷口さん、解説はポジティーボの永井さん。
今年恒例になってきた感じの解説者のテロップは「ベテランスプリンターの【位置取り!】」
ゲストは先月の左肩脱臼で今年も出演が危ぶまれた安田団長。
昨年の実績からやはり色眼鏡で見てしまう人、成長具合を生暖かく見守る人、とにかく全力で叩く人、と実況民もいろいろ。

にょろーん

昨日落車しつつもなんとか完走したちゅるやさんがDNS。鎖骨骨折とのこと。

まったりなスタート

アクチャルスタート前にAG2Rガドレがファミリーアタック、奥さんと娘と抱擁。

放送開始時点で逃げは奇しくもファーストネームがJから始まる3人。
QSのユルゲン・ヴァンデワール、毛ガニのホセ・イバン・グティエレス、そしてコフィディスのジュリアン・エルファレス。
今日あたり逃げ宣言をしていたはずの幸也は残念ながら逃げに乗れず。

雑談

しばらくレースに動きはなく、スタジオでもスレでも雑談が花盛り。

永井さんのチーム時代の話。
あるアシストが無線をオンにしたままゴールスプリントに突入、汚い言葉で周りの選手を怒鳴り散らすさまがチームカー車内にダダ漏れw

団長、先日生まれた子供が男の子だったら「コンタ」にする予定だったそう。しかし女の子だったので命名権は奥さんに。

今日のクイズは優勝者選手名、締め切りは23:45
谷口さんお得意のぴーんが、今日はなぜかお通夜のようにテンション低く、即座に団長に突っ込まれる。

実況スレではこんな感じ

  • 電車に乗っていた女子高生の口から「ポポヴィッチ」
  • 各界の師匠・先生まとめ
  • 自転車・鉄道・写真が共通の趣味の人→いろんな沼(ハマると抜け出せないものの例え)の話
  • 選手の吹替えをキャスティング
  • 芸能界の力関係、森脇健児と中山秀征
  • 石川遼のファッションセンス

Tour de tournesol

今日はひまわりがよく映る日。

まず91kmで沿道にひまわり畑が登場。

54km付近ではカメラバイクのライダーがひまわり片手にw

24km地点では道の両側、まさに一面のひまわり畑。

アスタナ高校後日談

コンタ、昨年同じチームだったランス先輩とブリュイネール監督に総合優勝のお礼参り、記念の時計をプレゼント。
ランスは出走サインで不在だったため手渡しできず、監督もその時計を着用したかは定かでないとのこと。
谷口さんも団長もランス居留守説を主張www
団長「『おらん言うとけ』『貰えるかい』『黄色いゴム巻いとんねんワシは。時計巻けるかい』と」

集団もまったり

残り83kmで集団はお食事タイム
毛ガニの選手がタイムボードバイクのお姉さんをナンパ。

メンショフさんの負のオーラ

45km地点でメンショフがパンク。こういうとこで目立つのは様式美。

ボトル・ブラン・ア・ポア・ルージュ

赤玉ピノーが背中に満載のボトル運び。

表あさか

今日の現地レポートは在仏のスポーツライター宮本あさかさん。
Jスポへの登場は久々で現地レポーターとしては初登場。
古くからの視聴者には「裏あさか」の人としておなじみ。

さてさてお仕事

10kmを切り、集団はHTCなどが前に出て完全に追い上げモード。
8km地点の変則ロータリーは観客や横断幕で見通しが悪く、左側を選んだ選手たちはえらい遠回りをさせられる破目にw
残り6km20秒差からグティエレスが敢闘賞狙いのラストアタック。2人は追わず吸収を待つ。
5km地点でアスタナが3人遅れたとの未確認情報、ヴィノが前にいるので「コンタェ…」「大佐計画通りw」などメシウマ展開に色めき立つ実況スレw

敢闘賞を確定させて満足気のグティエレスを吸収した集団はスプリント体勢。
幸也が好位置で追走中のためスレの盛り上がりはピークに。
引っ張るマルティンの後ろにガーミンが4人、その後ろを主張するレンショー(番手に壁)とフレイレ(蓮が忠則)がガシガシ競り合い。

壁かわいいよ壁

そして勝ったのはカベンディッシュ。レンショーがギリギリまで引っ張って、出切ってからは他者を寄せ付けずの圧勝。
ゴール後にはコーチのツァベルおじさんと抱き合って喜ぶ姿も。
2位はチオレック、3位にハーゲンダッツ。注目の4位はJJロハスで、マキュアン会長は7位。
幸也は発射台となりテュルゴを6位に引き上げた。

「インタビューで泣くんじゃね?」って言われてたカベンディッシュ、表彰台で早くも大泣き。
なんだかんだでこういう素朴なところが憎めない悪童w

とれたま

カンチェ黄、ピノー水玉、蓮緑、トーマス白。
上位陣にとくに変動はなし、ジャージの移動もありませんでした。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 20:38:37 (1292d)