2013ツール事件簿

わからない用語は用語集にのってるかも


第1ステージ第2ステージ第3ステージ第4ステージ第5ステージ第6ステージ?第7ステージ?
第8ステージ?第9ステージ第10ステージ第11ステージ第12ステージ?第13ステージ?第14ステージ?
第15ステージ第16ステージ第17ステージ第18ステージ?第19ステージ?第20ステージ?第21ステージ?

第1ステージ

コルシカ上陸!

100回目のツールドフランスは、初のコルシカ上陸で3ステージをこなすスケジュール。
第1ステージは初日山岳賞用の4級山岳があるだけで、何の変哲もない平坦ステージと思われたが…

あらしろー

先日の全日本選手権を勝ち取り、ツールのセレクションにも選ばれ、ナショナルジャージで出場することになった新城。
濃い緑のパカージャージの中一人真っ白+背中側にも日の丸でヘリからも判別し易く、心なしかカメラに抜かれる回数も多いw

幸先悪し

パレードラン中にいきなりフルームが落車。
幸い大事には至らなかったようだが…

ファーストアタック

アクチュアルスタート直後の0kmアタックがすんなり決まり5名が先行。
クザン(パカー)フレチャ(ヴァカン)ボーム君(ブランコ改めベルキン)ロバト(エウス)ルモワンヌ(ソジャサン)といった面子。
逃げ大好きフレチャが入り込んだことで、この逃げ集団は奇妙な展開を見せる…

水玉ゲットだぜ

この日唯一の4級山岳を先頭通過すれば自動的に初日山岳賞とあって、逃げ集団ではゴール前のような牽制合戦が勃発。
ボーム君対クザンと思わせて横からロバトが差し切り。さすがエウス、山では張り切る

フレチャ大作戦

山岳ポイントも通過し、ここからゴール数十キロまでは逃げと集団の差が一定に保たれ推移するかと思いきや、
フレチャが逃げ集団のペースを急激に落とし→まだ捕まえたくない集団もペースを落とす→逃げ集団が再度ペースを上げて差を一気に広げる
といった作戦を敢行(クリリン曰く「フレチャスペシャル」)。
しかしフレチャのもくろみは、普通にやりたそうなボーム君と揉め、フランス人選手は付き合ってられんと先に行ってしまい、居心地悪そうなエウスという微妙な結果に終わることとなったw
結局逃げは残り40キロ弱まで。お疲れ様でした

不運だらけの人たち

吸収後集団は横風大作戦を行うチームがあったが、思ったほど風が吹かなかったため失敗。
しばらくすると、道路沿いの横断幕に引っかかる落車が立て続けに発生し、フーガーランド、ヘシェダルらが巻き込まれた。
何かと不運が多いフーガーランドとヘシェダル。今後も心配。

激突

集団はスプリントに向けて隊列を組む中、ゴール地点ではなんとオリカ・グリーンエッジのチームバスがゴール地点の機材を破壊www
交通渋滞による遅刻、誘導などの複合的要因とはいえ、運営は残り3キロ地点をゴール地点にすると通達。
グリーンエッジのチームカーではいろいろ頭を抱え、罰金およそ21万円払うことに。(動画)
別府選手も思わずツイッターで「チームバスデカスギ」と呟き、スレ住人からは「お前のチームのバスだろww」の声もw

大落車

ゴール地点変更の混乱の中集団前方で大落車、スプリントを狙っていたサガンが巻き込まれ、グライペルはチェーントラブルで立ち往生。
コンタドールやアンディなど総合勢も巻き込まれる。最大の犠牲者はトニー・マルティン、擦過傷や肺のダメージなどが大きく、レース後リタイアすることを発表した。
(追加)…と思ったら何故か第2ステージも痛々しい姿ながら走っていたw大丈夫…?

歓喜

集団は分断され、このレースのタイム差はなしと発表され安堵したものの、チームバスの撤去が完了し、ゴール地点が元に戻ることにwww
ゴール手前400メートルでゴスが落車するなど混乱の中、アルゴス・シマノのキッテルが勝利。
昨年は体調不良でリタイアしたキッテルは、2年越しの勝利。
おまけに、マイヨジョーヌ、マイヨヴェール、マイヨブランを独占。

浮かれる日本人

現地解説を担当したクリリン、キャラバン隊が通ると解説放棄wポディウムガールやカメラマンのミーティングの訪問など、いつにもまして浮き足立つただの日本人だったw


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 20:38:46 (1291d)