2012ツール事件簿

わからない用語は用語集にのってるかも



第4ステージ

事の始まり

0km地点を迎え、プリュドムさんの旗が振られたと同時に新城のアタックキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
このアタックにモンクティエとデュラプラスが反応、3人の逃げが成立。
新城が初めてツールで逃げた瞬間である。
その逃げを見送ったカンチェラーラ。「カミカゼー」意味が分からないw

その頃スタジオでは

新城の逃げの一報にソワソワする我らwJスポ初登場のルーク篁さんもテンションが上がる。
急きょ新城のステージ順位を当てるクイズが出され、希望を込めて1位と書くか堅実にその他と書くか格闘する実況民たちw

それでも頻尿はちょっと

恒例のゲスト&解説フリップ、ゲストのルーク氏は「予感&行け!サガン」と新城に対する期待を覗かせつつも真っ当なポイントを予想してきたが、
クリリンが「踏切、牽制、パンク、落車、頻尿」とあまりにも正直すぎる願望をだだ漏れにw

その頃大阪では

3日連続で大阪のHUBにやってきたアルゴス・シマノ所属の某自転車選手。
今日はシマノレーシングの仲間たちを集め騒ぐ模様。その中に置き引きさんとして有名な今西監督も反応w

逃げろや逃げろ

逃げ集団3人は中間ポイントは山分けの談合もさっさと済ませて協調の取れた逃げ。
中間スプリントは新城の担当、3人の中でスプリント力に優れる新城がモチベーション高く、多く引く。

恵みの雨に…にはならず

5分以上の差をキープしていた逃げ集団だったが、残り60キロを切って集団もじわじわ詰めてくる。
逃げ切りにはなにかアクシデントが欲しい場面で強烈な通り雨、逃げ集団においしい方向に作用するかと期待するも、結果的に集団の目を醒ましてしまう結果に?

これくらいじゃあ

集団吸収が確実になった最後の丘で、逃げ集団は敢闘賞狙いのアタックが活発化。多く引かされた新城がちぎれそうな場面が映し出されると実況席からもスレからも悲鳴が。
それでも何とか食らい付き、揃って集団吸収。運命の時を待つ…

そして……

新城幸也、第4ステージ敢闘賞獲得!
日本人としては'09ツール最終ステージで逃げた別府以来、しかし今回は最終日ではない……つまり、日本人がはじめてツールのポディウムに上がることが決定!
喜びに沸く実況席、そしてスレ。

勝負の行方は

ラスト3キロ弱で位置取り争いの激しくなった集団で落車発生。
多くの選手が巻き込まれる中、ファラー、ウタロビッチ、レンショー、そしてカベンディッシュといった有力スプリンターが巻き込まれてしまう。
2〜30人の小集団となった中でのスプリント、人数をしっかり残しトレインを組んだロット、ただ乗りを狙う他スプリンターを寄せ付けず完勝。
背後ではヘンダーソンが歓喜のガッツポーズを二度三度w

ぎこちないw

各賞表彰の後、ラストに敢闘賞表彰、ユキヤキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!!!!!
やっぱり慣れてない感じのぎこちない感じながらも、客席のイイミワに花束を投げるパフォーマンスもw
そして例によって感極まる感じのクリリンw
更に生電話もキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!!!!!
最後の丘で千切れそうに見えた件に関しては「あのくらいじゃ千切れませんよ」と頼もしいコメント。次は是非、ステージ優勝であのポディウムに上がって欲しいところ。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-07 (木) 20:38:43 (1292d)